【ソフト闇金】と【個人間融資】の違い

SNSなどで盛んな「個人間融資」や、ネットでよく見るようになった「ソフト闇金」。借入前に双方の違いを知っておくことは重要です。

ソフト闇金と個人間融資って何が違うの?

結論は、ソフト闇金と個人間融資の大きな違いは「組織」であるかどうかの違いとなります。

 

個人間融資

個人と言ってもその9割が闇金です。

9割の個人間融資の闇金は個人での厳格な融資条件があったり、支払いの遅れには厳しい取り立てがあったりなど理不尽な要求も完全に従う形で融資を受けなくてはならないことが多くあります。この理由は、最初から「借入の詳細条件などを明確に提示していない」ことにあります。中には優良な個人間融資をしている闇金もいると聞きますが、その選別をするのは初めて借りる方には非常に難しいのが実情となっています。
残りの1割は闇金に隠れて一般のサラリーマンなどが個人でやっている場合もあります。この方たちの中にはお金を貸して儲けるという考えより、お金を貸す代わりの代償を求めることもしばしばあります。その一例として、女性に対して体の関係を求めることや写真や動画を要求されるケースもあるので注意が必要です。利用時には借入条件の詳細を聞くことは必須ですが、新規参入者なのか長く営業しているのかも分からない事も多く、安全面からはおすすめできないのが正直なところです。

ソフト闇金

ソフト闇金のほぼ全ては組織で運営しています。
組織の場合の利点は4つ

  • 借入条件などのルールが明確である
  • 安全なプライバシー管理がある
  • 高水準の接客対応で即日融資が可能
  • リピート利用(再融資)も容易

上記は優良業者であることが前提となりますが、ソフト闇金は独自のサイトを持ち、利息や返済サイクルは明確に表記しています。
さらに優良業者は借入条件を詳しく記載したり、わかりやすい借入方法の流れをサイト内にすべて記載して、その記載通りの営業をしているので安心安全な借入が実現できます。
(悪質業者もあります。ご注意ください)

 

闇金からソフト闇金へとシフトしていった闇金業界ですが、さらにお客様に寄り添った対応をして満足度が高くリピーターも多いのが「優良ソフト闇金」となります。

 

ソフト闇金マネうさも優良営業店となります。ホームページ通りの営業で安心安全にご融資が可能です。